"; str2 += txt; str2 += ""; sbWin = window.open(str,"page","width=600, height=650, scrollbars=yes, location=no, menubar=no , resizable=yes"); sbWin.document.open(); //sbWin.document.write(txt); sbWin.document.write(str2); sbWin.focus(); sbWin.document.close(); } // --> 1点に泣き、1点に笑う 〜社労士試験の反省 | 司法書士への階段
人気blogランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

司法書士への階段 by hello21c

必ず【司法書士試験合格】を果たします。【目標】2011年合格!!
そして、次のステージ【公認会計士試験】を目指します。
【より効率的な学習法の追求と確立】が必須かと思われます。 ☆日々是鍛錬!前進あるのみ!
どんなに辛くとも、六法に噛り付いてでも、合格の栄冠を獲得するまで、絶対に諦めません!!
限りない可能性を秘めた自分を信じて、明るい受験生活を!!

<< 社労士試験合格発表、閲覧経過 | main | 社労士試験にかけた3年間の点数全履歴 >>

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


1点に泣き、1点に笑う 〜社労士試験の反省

1点に泣き、1点に笑う 〜社労士試験の反省

<総 括>
◇選択式では、労災の自己採点「2点」で救済待ち、←こちらの方がヒドイです!
◇択一式では、厚生年金の自己採点「4点」でギリギリ、

結果発表日まで、救済待ちの辛さ
味わい、悶々とした日々を過ごすこととなりました。

結果的には、合格できたのでよかったのですが、一歩間違えると、
と思うと、本当に恐ろしい試験だとつくづく思い知らされました。

「1点に泣き、1点に笑う」とは、まさにこういうことなのですね。

細かい分析はしていませんが、自分にとっては、
次の1〜3までが、試験直後からの反省材料です。

<選択式>
1.労災保険
危うい「2点」
足切り救済「2点」に救われました。
Dは(14)「通勤による負傷」を書き換えて、(6)「通勤」として、不正解。
CとEのみの正解でした。
AとBは、どちらかに(19)「労災法施行規則」(略しています)が入ると
信じていましたが、BではなくAに入れてしまい、A、Bともに不正解。

(対 策)
このような場合、A、B、両方に(19)を入れておけば、あと1点は追加できました。


2.雇用保険
危うい「3点」
自分としては、「5点」とれる問題でした。
BとCは、基本的な問題で正解が分かったいるのに、なぜかそのときは、迷い、
迷いに迷ったあげく、BとCの選択肢を全く逆に入れ違えてしまいました。
後から、答えを見ると、確かに、そうだよな〜、と、うなづけるのですが、
労災で狼狽(笑)させられた直後だけに、混乱してしまったようです。
Eは、最後の追い込みで、ある予備校の「ポイント整理」を当日の朝見直して
「ふ〜ん、そうだったかなぁ」と頭に刻まれた箇所でしたので、これしかないと。
この最後の追い込みがなかったら、と思うと、「3点」どころか、危うく
「2点」になる危険性もありました。

(対 策)
このような場合、上記「労災」同様、B、C、両方に(11)か(19)のいずれか
一方の同じものを入れておけば、少なくとも、あと1点は追加できました
(無難な選択として)。
日頃の学習できちんと理解するのが第一ですが、迷いに迷っている場合、
最後の手段として、アリかもしれません。実際、そうなさった方もいらっ
しゃるようです。


<択一式>
3.厚生年金
危うい「4点」
自分としては、「5点」は、とれる問題でした。
問5は、こともあろうに、なぜかこんなところで迷って、迷ったあげく、
よく分かっている基本問題である(C)を書き換えて、記憶がもっとあやふやな
(E)として、不正解。

(対 策)
やはり迷ったときは、よく分かっている肢を選択すべきでした。
→当然のことのようですが、他の選択肢も、いかにも、もっともらしく記述
されていますので、知識があやふやだと、正解を出すのが難しいのです。
ひょっとして、(C)において、「日本国内に住所を有しなくなった日」ではなく、
「〜日の翌日」だったのでは、等と余計に勘ぐったりしてしまいました。


人気ブログランキングに参加しています。よろしく〜☆彡→人気blogランキングへ

<私が現在使用している書籍>
コンサイス判例六法 2007icon
2007年版 司法書士試験 合格ゾーン過去問題集 民法(上)icon
2007年版司法書士試験 合格ゾーン過去問題集 不動産登記法(上)icon
司法書士デュープロセス 1 民法・不動産登記法 1 第4版icon
司法書士デュープロセス 2 民法・不動産登記法 2 第5版icon
司法書士デュープロセス 3 民法・不動産登記法 3 第6版icon

あなたのキャリアアップを応援します。セブン-イレブン受取り手数料無料のセブンアンドワイ。

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 17:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
タイマーとWeb六法

Save
Help

-----
電子版 六法全書データベース
書籍等検索
categories
selected entries
recent comment
archives
お気に入りブログ更新
links
Sponsored Links

【Yahoo!ショッピング】人気のパソコンが激安



recent trackback
profile
search this site.
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
Now Visitor:
since 06/11/09